ロゴ
Home>コンテンツ>介護職に求められるスキルと資格取得のメリット

介護職に求められるスキルと資格取得のメリット

男女

実務者研修を受講するメリット

実務者研修では、近年、介護職に要望される痰吸引・経管栄養の実務も学ぶことになっています。研修時間は450時間と長いですが、数年かけて少しずつ受けることが可能です。また通信教育の活用も認められており、短期間に集中して受講することもできます。加えて、介護職員初任者研修の受講者は、130時間の研修を免除されます。旧ホームヘルパー有資格者や認知症研修の受講者も一定時間の免除が受けられます。実務者研修は資格取得だけでなく、介護のプロとして高い知識やスキルを修得するのに役立ちます。実地で培った経験を振り返り、理論づけや手順などを確認できるメリットがあります。認知症に関しても、学術的な知識や認知症への対処法などが学べます。

車椅子

実務者研修を受講することで取得できる資格

実務者研修は、基本的な介護スキルを向上させるための資格です。介護職員初任者研修からランクアップされた研修内容で、介護福祉士を取得するための通り道となります。具体的な研修内容は、2年以上の養成課程となる介護福祉士養成と同等の水準となります。介護保険制度の改正内容をはじめ、制度の課題や介護知見を把握できる能力の修得が期待されています。すなわち実務者研修は、介護のプロを養成することを目指していると言えます。当資格が創設された要因のひとつには、介護福祉士資格の取得方法の見直しが挙げられます。従来は、介護の実務経験を3年以上持っていれば、初任者研修の資格だけで受験できました。それが介護ニーズの多様化により、介護福祉士の資質向上が求められるようになりました。そして3年以上の実務経験者は、6か月以上の実務者研修を受講することで、介護福祉士の受験資格が与えられるわけです。

広告募集中